FC2ブログ

あめんぼ通信2008

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

「新聞と私」に投稿

0810080082.jpg0810080109.jpg0810080112.jpg

  以前、ワンパックを配達していた牛窓町のペンションからスイートバジル2キロの注文があったので、配達してきた。
 
 以前はこの地区のペンションを含む7軒に配達していたが、すでにゼロ。
 
 今は地元の顧客は1軒だけになり、配達から宅急便に変更してもらったので、すべて宅急便送付になっている。

 配達の帰りに、すぐ近くの家庭菜園愛好家を訪問させてもらった。本業は焼き物作家。個展の準備をされていた。
 
 以前このペンションの紹介で訪ねて来られ、メタン菌液肥を勧めると、気にいって使われていたが、現在は、画像の「永田農法」も取り入れているらしい。これ1本で1000円。1シーズン持つし、効果もはっきり出るから、化学肥料を1袋買うより安くて安全だと言われる。
 
 出身は東京であるが、ここ牛窓町に来られてすでに25年。以前は出版社に勤務していて、若くして焼き物を志した。

 料理と家庭菜園が大好きで、料理の腕前はプロ級。家庭菜園も面積は小さいが多種類の野菜とハーブを不耕起栽培で作っている。

 種は自家採取、もしくは「こぼれ種」で発芽したものを育てるが、その他に「国華園」という種苗会社から通信販売で、種や果樹の苗木を購入している。
 
 下の左の画像はこぼれ種で発芽したダイコン。右はオクラ。
 面積が小さいので、場所をとるナンキンとかサツマイモは作らず、水の関係でサトイモは作っていない。

 この人は日常の何もかもが芸術家である。料理、菜園、ファッション、焼き物、音楽、そして日曜大工。シイタケの原木も置いてあり、以前はニワトリも飼っていた。害獣にやられて現在はニワトリは飼っていないが、ニワトリを解体して料理するのも得意。  
   
  
0810080090.jpg  0810080099.jpg  
    

0810080150.jpg  0810080124.jpg 0810080130.jpg

 せっかく近くまで来たので、ちょっと足を伸ばして西脇海水浴場へ行った。今はもう秋・・・誰もいない海。
 海岸の道路を隔てた山側はハクサイとキャベツ畑。牛窓町の野菜産地の一角を担う。
 
  

 0810080074.jpg

 牛窓町はなだらかな丘陵地帯。田んぼは水平でなく、少し傾斜がある。傾斜の田んぼは農作業がやりづらいと思うが、排水の関係で多少は傾斜がある方が良い野菜ができる。


 
 昨日は神戸から料理人さんが3人見えられた。その様子をデジカメで撮るつもりだったのに、準備やら案内やらで、写すことをすっかり忘れていた。
 
 すっごい若い。世代の違いを感じた。2人の方はまだ2才にならない子供さんがいるらしい。昼前に来られて4時過ぎに帰られた。
 
 ずっと以前にイベントでしていたことを昨日もした。
(1)七輪に竹炭を入れて火をおこし、ハーブティ
(2)同じく、ゆで卵
(3)田んぼ案内
(4)芋ほり(ムラサキイモ)
(5)来られる前に家で「ふかし芋」を作った。おやつ。
(6)その他、野菜の湯通しを食べたいと言われて、オクラ、インゲン、サトイモ、ピーマンを少々。
(7)帰りの手土産はハーブティ用ハーブとムラサキイモ。
 
 一番気に入られたのは「ゆで卵」のようだった。帰られる直前に、「美しい森」施設も案内した。

 

0810080032.jpg 0810080037.jpg  

 昨日はあいにくの曇天だったが、今日は快晴。左は秋ジャガイモの花。右は、昨年の10月末に購入して植えたキンモクセイ。まだ花は少ないが、さすがにいい香り。

 

0810080072.jpg

 ホウレンソウ育苗中。


0810080011.jpg 

 今日のニワトリ
 

0810070008.jpg

(今日の夕飯)
サンマ
トーフ・・・ミョウが
キュウリの酢の物
インゲンの煮物

 15日からの新聞週間に「新聞と私」という投稿を募っていた。
 15日が期限と思っていたら、明日の9日が期限だった。だからあわてて今書いた。500字以内という制限がある。
 
 明日もう一度読み直して、下記のような内容で投稿しようと思う。


 『毎日、新聞からネタを拾ってブログ(あめんぼ通信)で発信している。去年の10月から農業新聞を、今年の1月から朝日新聞を、そして以前から購入していた地元の山陽新聞と合わせて3紙になった。読む時間もかかるがカネもかかる。3紙で1ヶ月8564円。でもこれは自分の生きがいへの投資。
 その日の新聞を読んで、勉強したこと、感じたこと、考えたことを整理してブログに書いている。新聞は毎日「日替わり」であり、思考の断片を書くブログ(日記)ととても相性がよい

 ブログに自分の思いを書くだけなら時間の無駄になるが、新聞で勉強したことを整理するために書くなら、それはブログと新聞の有効活用である。この場合に、自分の19年間の農業経験が多いに役立っている。職業意識と経験年数を通した眼で3紙を読み、自分の主張を発信している。
 あなたも、複数の新聞を読んで「新聞感想文ブログ」を発信しませんか。新聞は、読むだけの状態と読んで感想文を書くのとでは大違い。毎朝、新聞が届くのが楽しみになる。』

あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。