FC2ブログ

あめんぼ通信2008

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

フリョウ ノウミン

 フリョウ ノウミン・・・これは11月13日の農業新聞に大きく掲載された人のブログ名である。この曽我新一さん(30才)という人が『がちんこ農業生活』という本を出版したことは、以前に新聞で読んで知っていた。しかし、ブログをしていることは知らなかった。しかも「生活・文化」の「ライフスタイル」というカテゴリーの第一位にランクされていた。アクセス数は夜9時現在、週間INが1548 週間OUTが2568で、合計4000余りの訪問者数。ボクのほぼ4倍。

 農業新聞に大きく出ていたので、経歴を書かせてもらっても迷惑にはならないと思う。
 住所は新潟市北区で、トマト農家の若い後継者である。『がちんこ農業生活』は農業について語ったエッセーで、農業を始めて3年目、直売所でフルーツトマトを売りながら見えてくる日本農業の現実を本音で語っている。

 曽我さんは海外青年協力隊としてアフリカ、研修生として米国、フランスで農業を体験。その延長線上で家業の農業後継者に落ち着く。そんな一連の流れを書きまくった。「農業のいい面ばかりが強調されている感じ。農業は悪い部分もいっぱいあるので、バランス良くしたかった」。たとえば有機農業ならすべてOKかと言われると「うさんくささを感じてしまう」とぐさり。
 曽我さんは直売が面白くて仕方ないという。「消費者の言葉が仕事へのモチベーションを高める糧になっている。すべてではないが、一人の人間として直売が面白い」と、農業に全力投球する。
 曽我さんは水稲のほか、トマト、アスパラガス、エダマメを主力に栽培。野菜は自宅の他、数ヶ所の直売所で販売している。新潟市近郊という立地条件を生かし、直売所での生き残りをかける。
 『がちんこ農業生活』はブルース・インターアクションズから出版。1600円。(以上、農業新聞11月13日)

 ブログをちょっと見させてもらったが、何かハイセンス。自分とは異なる次元を生きている。才能もあふれて見える。
 
 自分の場合は何とか続けて、途中で、ひょっとしてこれは自分に向いているかも知れないと意識し始め、農業を止めたらもう他がないと思い、かむしゃらにかじりつき、それが年月の経過と共に習慣になり、あまり苦にならなくなったという、ごく凡人。農業もあめんぼ通信もそんな風だった。

 若い農業人には「海外青年協力隊員あがり」という人が本当に多い。多分、海外青年協力隊に志願すると、日本に帰ってきて「就職先」がないのではないかと思う。それと「カルチャーショック」もあって、自然に即した生活、農的な生活を求めるのかも知れない。
 青年海外協力隊に応募する人は「大志」のある人が多いと思う。

 それにしてもブログ名が「フリョウ ノウミン」とは、かっこよすぎる。しかも自分が想像もしなかった「ライフスタイル」というカテゴリー。
 自分はアウトドアの「全般」、社会・経済の「転職・キャリア」、芸術・人文の「エッセイ」の3ジャンルしか頭に浮かばなかった。

 あれだけのアクセスがあるのだから、それだけ支持されているのだろう。ただ、自分はほとんど同業者のブログを読んでいない。自分のブログで精一杯で読む時間がないのと、気分転換には、関係のないジャンルのブログを見たくなる。いつも、猫の「アメショッス」と、レストラン・飲食店の「生まれる前から不眠症」を見て、ブログを打つ前の気分を整えている。
 とにかく、自分のブログは固すぎるので、この2つがウオーミングアップになる。
 
 毎日、朝から晩までブログのことばかり考えている。それぐらい思い続けていないと、凡人には続かない。今まで何をやっても続かず、9回目の転職(これは家人には秘密です)が農業だったので、とにかく今度は続けなければと内心は必死だった。その思いがブログも続かせているのだと思う。
 
 自分に向いていると思うことに出会う必要がある
 
 しかし、それはすぐ傍らにあってもなかなか見つけれない
 悪循環(堂々巡り)から抜け出すには環境を変える必要があるが、環境を変えることは、とてつもなく難しい。
 
 ニュートンは、リンゴの木の下でうつらうつらしていた時に、落ちてきたリンゴを見て「万有引力の法則」を発見したが、自分の場合も、5月の連休に家でぼう~っとしていた時に、稲妻のごとく農業がひらめいた。
 
 そのひらめきまでには、3年ほどの打開に向けた日々と、それ以前の10年ほどの停滞と悪循環の日々があった。その十数年があったから「ひらめいた」と思う。
 
 とにかく、何とか現状を変えようと念じ続けていないと、現状は変えれない。
 
 ひらめいた時に、飛び乗れるかどうか、自分に向いているかどうかの判断もいる。
 
 できれば、30代の半ば頃までに見つけたいが、見つけるには、それまでの生き方が問われる。

 
 13日の農業新聞に載った曽我さんの記事はスルーしていたが、それを切り抜きしていたら、今日になって言葉が湧いてきた。

 曽我さんのブログは今後も、ごく、たまに見るくらいだろう。自分は自分のブログに集中したいから。



近所の家庭菜園
 

0811210017.jpg0811210020.jpg
  
0811210024.jpg0811210028.jpg0811210032.jpg 

  作っている野菜はどこの家も同じです。
ハクサイ、キャベツ、ダイコン、カブ、ニンジン、サトイモ、ネギ、シュンギク、ホウレンソウ、秋ジャガイモ、レタス、ブロッコリー、サツマイモ。

 自分も家庭菜園の人とほとんど同じ作物を作っているが、家庭菜園ではヤーコン、キクイモはあまり作っていない。

 ミズナ、タカナ、ナバナ、コマツナ等も作っていない。ハクサイとキャベツがあれば、他の菜っ葉類はいらないからだろう。

 カリフラワーもあまり見かけない。ブロッコリーは「わき芽」も食べれて長期間収穫ができるので、たいていブロッコリーの方を作っている。

 画像のジャガイモ・・・ボクの方が完全に負けている。負けているなあと思うことは、今でも度々ある。ただ、家庭菜園の人は時間も肥料もたっぷりと費やしている。



0811210006.jpg

 サトイモに籾殻をかぶせて防寒した。この上にまだ稲ワラをかぶせる予定。
 サトイモは今は2列足らずしか作っていないが、以前はこの倍の4列作っていた。ただ、
(1)夏の水やりの手間、水の要求量の多さ
(2)収穫、仕分の手間
(3)残っているサトイモの防寒の手間
 サトイモは特にこれらを考えないと、採算割れする。ただ、100株作るのも150~200株作るのもあまり変わらない。200株を超えると(1)(2)(3)が変わってくるように思う。自分にとっての分岐点の数字を他の野菜でも暗記しておくと役立つ。



0811210002.jpg 0811210068.jpg

 スイートバジル。初霜が降りて3日目でこの状態。ハーブでちょっと面積がいるのはこのスイートバジルとロケットとイタリアンパセリと多年草のローズマリーの4種類だけ。後の8種類はほんの小面積で足りる。8種類でたった1アールほどで足りている。右の画像がそうである。画像に無いのはレモングラスとディルとチャービルであるが、これらも含めて1アールである。



0811210076.jpg  

 画像はトリ小屋の下の田んぼのイタリアンパセリ。イタリアンパセリは突然枯れる「青枯病(立枯病)」が多いので、3箇所に分けて植えている。
 イタリアンパセリの下の枯れているのはキクイモ。


0811210005.jpg

 ニンジンは発芽さえスムーズにいけば、たいてい成功する。これも、1列作っても、1列半作っても、トータルで費やす時間はさほど変わらない。
(1)他の野菜が失敗した時はニンジンを×2倍にする。
(2)密植して小型のニンジンにした方が使い勝手がよいと思う。
(3)4月頃まで保存できるし、遣い物に重宝する。
(4)地下をモグラが走ったり、イノシシが踏み付けるのを考慮して作付け面積を決める。
(5)秋冬野菜は大型野菜が多いので、その点でもニンジンは重宝。



0811210049.jpg

 シュンギク。まだこれからという時期なのに、ここ2日間の激しい冷え込み(初霜の日は液肥を担ぐタゴの水に氷が張っていた)で、早くも傷みが生じている。保温用のべた掛け資材をかぶせるのはたいてい12月に入ってからだったのに、今年はタイミングが取れないほどの急激な冷え込みである。
 シュンギクのスペシャリスト農家なら許されない失敗だが、ワンパックの場合は、面倒だが傷んだ部分を取り除いて出荷すればよいし、ネギを×2倍で対応できる。

 

0811210105.jpg 

(今日の夕飯)
天ぷら・・・もらいもの
ラーメン・・・薬味にシュンギク
ダイコンおろし


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。