FC2ブログ

あめんぼ通信2008

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

集落営農(農事組合法人)

0811290020.jpg 0811290011.jpg0811290004.jpg 

 10月30日に植えた、左からニンニク、ラッキョ、ワケギ。ほとんど欠株もなく育っている。
 ニンニクには、草避けと寒さ避けをかねて籾殻をふった。

 

0811290027.jpg

 ニワトリ小屋にも籾殻を入れた。昨日、エサを食べなかった1羽のニワトリは今日はもう元気に復帰していた。


 
0811290025.jpg  

 敷き藁用に蒔いたエンバクが結局発芽しなかったので、小麦2キロと大麦2キロを農協に注文した。合計で2~3アールほど蒔こうと思う。これくらいなら手間もかけずに手刈りできるので、結束して物置小屋に吊り下げ、少しずつニワトリに与えようと思う。

0811290017.jpg

 冬越しする春キャベツ。極早生品種は4月中旬には食べれるようになるが、この時期には、畑に何も食べる野菜が残っていないので、とても貴重である。極早生が終わると、中早生品種が6月上旬頃まで収穫できる。




集落営農(農事組合法人)
 

新潟県上越市 農事組合法人「吉増生産組合」
構成農家65戸 粗収益は約7000万円(08年見込み)。内訳は水稲4500万円、大豆・ソバ300万円、園芸作物300万円、育苗受託400万円、交付金など1500万円 (農業新聞11月28日)


山口県長門市 農事組合法人「ファーム上ゲ」
地域ぐるみで農地と暮らしを守るため、コスト低減と地域の人材・資源を生かした持続的な農業経営に努める。


10月末現在、広島県の集落法人数は148に上る。当初は米、麦、大豆での経営が大半だったが、ここにきて園芸作物に軸足を置く法人の設立が相次ぐ。また、水稲中心の法人が園芸作物や畜産を導入するケースも増えた。
 県は2007年、10アールあたり3万円を助成する県の集落法人育成加速化支援事業の対象を見直した。経営規模20ヘクタール以上という要件を、小規模でも収益性の高い品目を導入すれば助成を受けられるようにした。例えば、露地菊1ヘクタールは水稲18ヘクタール分、イチジク1ヘクタールは水稲20ヘクタール分に換算する。要件見直しが、多様な作物栽培に取り組む経営体の法人化を後押しした格好だ。
 当初、県は水田地帯での集落法人の設立を想定していたが、現在は「法人化は補助金の受け皿にとどまらない。個人では難しい経営の次世代継承に向け、島しょ部、沿岸部で法人化を進める意義は大きい」(農業活性化推進課)という。経営のリスク分散も視野に、今後県は多様な品目を栽培できる法人の育成を加速する構えだ。(農業新聞11月20日)


 集落法人は未来の日本農業のためにならないと思う。単に補助金目的で離合集散を繰り返すと思う。
 
 「補助金」というハシゴがはずされたら、空中分解するのではなかろうか。

 政権が変わっても、この補助金は継続されるだろうか。無期限に補助金が出続けるだろうか。
 
 こういう形の補助金が果たして日本の未来のためになるか。
   
 集落営農にこんなに莫大な補助金をつぎ込むなら、田舎移住を考えている一人の都市生活者に、年間60万円ほどの支援をした方が有意義と思う。上記の1500万円の補助金が1年間に降りるなら、25人の都市生活者に毎年、農業生活支援をすることができる。

 地域の環境や生物多様性を守る農業は、楽しみや癒しや自給のために農業をする小さな個人農だと思う。 

 特に集落営農には旧ソ連のソフホーズやコルホーズを意識してしまう。はたして生産性が上がるだろうか。

 もしくは、ずさん経営が問題となっている第3セクターを想像する。責任の所在はどうなるのだろうか。

 集落営農も結局、特定の認定農業者が任されてするようになるのだろう。

 将来、補助金という「ハシゴ」がはずされた時に、1人立ちして、利益を上げている集団になっていれば問題はないが、そんな進展があるだろうか。

 行政、農協、農事組合法人の理事がからんだ「補助金漬け農業」には賛成しかねる。

 この国の農業や景観や国土を維持しているのは、農業者の半数以上を占める家庭菜園型農業者(自給自足型農業者)なのである。 


0811290053.jpg

 正面の小さな半円形の古墳のような山は「城山」と呼ばれている。昔、城があったのだろう。この山の南斜面にも「葉タバコ」が植えられていたが、今は元の山に帰ってしまった。


0811290071.jpg

(今日の夕飯)
野菜炒め・・・キャベツ、シュンギク、豚肉
ごっちゃ煮・・・昨日の残り
ダイコンおろし


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

 


  
  
 


スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。