あめんぼ通信2008

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

都市の資本主義難民→緑の雇用

0812300014.jpg    

 何かと忙しく、結局今日も部屋の掃除ができなかった。 
 昼から田んぼに出た。隔離していたニワトリは、今日も止まり木の上が多かった。ただ、昼にエサやりに入った時は他のニワトリと同じように食べた。
 その後、墓に供える榊(さかき)を池の上の山に取りに行った。仏教(仏様)だとシキビだが、我が家は金光教(神様)なので榊を供える。

0812300029.jpg0812300025.jpg0812300035.jpg

 上がったついでに見たら、またシイタケが大きくなっていたので、入れ物を取ってきた

 

 0812300019.jpg 

 先日、出荷の帰りに、玄関先に飾る「お飾り」を買った。農家なのに「お飾り」を作っていない。
  昨日はお餅も1キロ買った。

 お飾りやお餅は稲作農家でないと作れない。稲作農家でも最近はお餅をついていない家が多いようである。

 
 稲作農家は米が安いから大変だと思う。生産者米価は今、1俵(60キロ)が12500円ほど。10アールあたり、たくさん収穫できても10俵。だから10アールで125000円。仮に3ヘクタール(300アール)作るとすると、125000×30=3750000円。これは総収入なので、これから、肥料代や機械の減価償却費を引くと、差し引き収入は100万を切ってしまう。
 実際、10アールあたりの差し引き収入は3万円ほどと言われているので、3ヘクタール作っても90万ほどの収入にしかならない。10ヘクタール作っても300万円ほど。10ヘクタールはどれくらいの広さか、イメージできますか。
 こんなに安くては、稲作の継続が難しくなる。


 都市の資本主義難民を、第一次産業で雇用創出する必要がある。「公共事業」ではなく「緑の雇用」で景気対策を考えた方がよい。それが二酸化炭素排出量の削減にもつながる。

(1)限界集落の元気なお年寄りを講師にして「山里暮らし塾」を開く。
(2)高齢化でできなくなった草刈やみぞ掃除をする、半土木作業員として半日分の手当てを支給する。
(3)遊休地の定期的な耕運を請け負う。
(4)シルバー人材ではなくヤング人材として、高齢者の庭の手入れ、草刈補助、家庭菜園ヘルパー、運転補助、買い物補助等に、集落に1人~2人を配置するのもよい。
(5)イノシシ、シカ、サルの獣害対策のエキスパートになり、定期的に見回ったり、柵の設置を手伝う。
(6)限界集落の「便利屋」のような人を「青年集落協力隊(原和男さんの造語)」として配置する。
(7)山里暮らし塾で、簡易な鳥小屋作りを学び、45年前までのような20~30羽養鶏を復活させる。
 

0812300057.jpg 

 夜食の定番はユズ茶とふかしイモ。12月中旬頃から、麻袋に籾殻を入れ、その中にサツマイモを保存している。いつまで保存できるかどうかわからない。

0812300054.jpg

(今日の夕飯)
八宝菜・・・ニンジン、ハクサイ、ブロッコリー、カマボコ、豚肉


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

初めて来ました。

北海道で酪農を営んでおります
30歳です。
今、日本の農業の将来について真剣に
考えています。
ブログの記事がとても参考になりました。
これからも、楽しみに読ませていただきます。

  • 2008/12/31(水) 08:30:23 |
  • URL |
  • 牛太郎 #IpT9aHSo
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。